人間関係で働く集合的無意識という考え方

集合的無意識、という言葉を聞いたことありますか?





この考え方は、カール・グスタフ・ユングが提唱し

た分析心理学における中心概念であり、人間の無意

識の深層に存在する、個人の経験を越えた先天的な

構造領域である。






普遍的無意識(ふへんてきむいしき)とも呼ぶ。







個人的無意識の対語としてあり、ユングはジークム

ント・フロイトの精神分析学では説明の付かない

深層心理の力動を説明するため、この無意識領域

を提唱した。集合的無意識Wikipediaより









となっており、人間の意識同士はそもそも交流して

いる(繋がっている)という考えを提唱しているの

です。












意識できない部分、つまり普段は気付いていない

部分の無意識で繋がっているという事になるの

でしょうか。









シンクロニシティという言葉がありますが、簡単に

説明すると“意味のある偶然”という事になります。
















例えば「あの人に会いたいなあ」と思っていると

バッタリ街中で出会うとか、「あれってどういう

意味なのかなあ」と思っていると、その情報に

関する事がテレビやラジオから流れて

きたりする。そんな経験ありませんか?










意味自体を調べてみると“複数の出来事が意味的

関連を呈しながら非因果的に同時に起きること

である。Wikipediaより”となっており

“それが起きることで意味を生成している”

とも言われているそうです。











偶然の出来事が、それが起きることによって

意味を生んでいるという所が面白いですね。









集合的無意識も、シンクロニシティもどちらも

心理学者のユングが提唱しておりスピリチュアル

というよりはきちんとした心理学に基づいた

理論なのですが、因果関係が議論される難しい

問題でもあるようです。
















人間関係の中で働く集合的無意識














人間はそもそも意識同士で繋がっている、と考えて

みましょう。










と言っても「意識で繋がっている」という実感は

なかなか持てないと思います。









でも、例えば恋人同士や夫婦関係、あるいは

親しい友達、親子関係等々しばしば繋がっている

ような実感(感覚)を覚えることはありませんか?












お互いを思いあえる気持ちや、心配する感情、

怒ったり、泣いたり、笑ったりするのも、

互いに繋がっていると実感できるからこそ

生まれる感情ではないでしょうか。












タロットは意識下の繋がり、つまり自分の無意識と

集合的無意識という視点で人間関係を見ていきます。











そうすると、人間関係のもつれは自分と相手のせい

だけではなく、本人達を取り囲む集合的無意識の

問題でもある、
と考えることが出来るのです。









また“自分も変われば相手も変わってくれるだろう”

を期待するのでもなく“相手に変わって欲しい”と

期待するのでもなく“自分と相手はどんな関係性だと

心地いいだろうか?”と考えることによって

集合的無意識の視点に立てるような気がしませんか。













そうなると、私が悪いのだろうか?相手が悪いの

だろうか?などの極端な2元論ではなく、私と相手

と集合的無意識という視点が持てるはずです。








じゃあ私と相手とは、どういう関係になりたい?

と集合的無意識の立場になって考えてみると、

今までと違った視点が見えてくると思います。










その視点を持つ事がタロットで可能になって

くるのです。







なぜ、タロットで集合的無意識

の立場に立てるようになるのか

















タロットカードは、その図柄のほとんどが人間の

行動パターンを表す図柄だと言われています。

行動パターンとはつまり“97%とも言われている

潜在意識の表れ”なのです。










心理学では潜在意識のパターンは集合的無意識の

パターンとも言われています。









という事は自分の潜在意識のパターンは相手の潜在

意識のパターンでもあり、タロットの図柄に

表されている通りに解釈する事が出来ると言えます。








人間同士は無意識下で繋がっているのであれば、

その場にいない方の事でも相談者さんの無意識と

相手の方の無意識で繋がっているという集合的無意識

という視点に立って、お相手の思いも潜在意識の

パターンに沿ってカードを使い読んでいく事が可能

である、ということなのです。












もちろん、それだけでは解決できない事も

沢山あるでしょう。










しかし、自分の中でモヤモヤしていたものを

タロットの図柄で表現し言葉にした時に、

「ああ、薄々は分かっていたけどそういう事

だったのか」と言葉にした事で生まれる

気付きがあります。







なんだかモヤモヤするなあ、と思っていた事を

言葉にして表現できたらスッキリすると

思いませんか?









この「気付き」を引き出すことがタロット占い師

の役割であり、言語化する事により悩みの解決に

導き更により良い未来を再設定する事が役割である

と思っています。










それは私とご相談者さんも集合的無意識で

繋がっている、という事なのです。










この視点に立って見ていくと、少しだけ世界が

広がるかもしれません。人間関係でぐるぐる悩んで

しまっている時は、ぜひ私と相手、だけでなく









無意識で繋がっている部分の集合的無意識、

「私と相手はどんな関係になれば心地いいかな」

に思いを巡らせてみてくださいね。



























コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA